当センター開発の最新治療法(HOTS)について

HOTS (Hybrid Orthodontic Treatment System)は小臼歯抜歯症例に用いられる方法で

  1. MAS (Micro Anchorage Screw)
  2. Combination wire ( 前歯部 .017x.025 rectangular, 臼歯部 .016 round)
  3. MEAW (Multiloop Edgewise Arch Wire)

という3つの異なる概念のもとに開発された矯正治療のツールを組み合わせて現在考えられる最も効率的な治療法を確立しようとする試みから生み出されました。

この治療法の最も大きな特徴はcombination wireを用いて犬歯単独での遠心移動を行いながら同時に前歯部の舌側移動を行うところにあり、6前歯をひとまとめにして舌側移動をはかる方法(En masse movement)とは一線を画しています。

歯槽骨の解剖学的形態を考えれば6前歯をひとまとめにした牽引方法では犬歯が舌側の皮質骨に当たる方向へ牽引されるためあまり効率的とはいえず、犬歯と4前歯を分けて遠心移動するほうが犬歯を唇舌側の皮質骨間の海綿骨中を移動させることができ、より効率的に歯牙の移動が行えると考えられます。

 

HOTS (Hybrid Orthodontic Treatment System)の治療手順

  1. 抜歯およびMASの同時埋入
  2. .0155 or .0175 multi-stranded wireおよび.016 Ti-Ni wireによる犬歯のlace-backと.016 x .022 Ti-Ni wireによる最終leveling
  3. combination (.017x.025 rectangular and .016 round wire)による犬歯および4前歯の同時後方移動
  4. 必要に応じてMEAW (.016 x .022 Stainless steel wire) による仕上げの治療

 

HOTSに関するQ&A

※質問をクリックすると、回答が表示されます。

歯列矯正治療ってどういう事をするのですか?

歯列矯正治療とは、一口で言えば自分の歯を動かして出っ歯や受け口、乱杭歯(らんぐいば)等の悪い歯並びをなおして、健康で機能的な咬み合わせと美しい口元を作りだす為の歯科の専門的な治療の事です。

「明眸皓歯(めいぼうこうし)」という言葉があるのを御存じですか?澄んだ目と白くて美しい歯ならびは昔から美人の条件とされて来ました。現代でも男女を問わずきれいに並んだ白い歯は相手に爽やかな印象を与える重要なポイントです。

この治療方法は他ではやっていないのですか?

はい。この治療方法は当センターの院長が現在までの30年にわたる矯正治療経験を基に、より確実で、効率的な治療法を作り上げるという目的のために約2年の歳月をかけて作り上げたもので、現時点では世界的に見ても、最も効率的で確実な治療法の一つではないかと自負しています。

現在はまだ多くのところで使用されていませんが、東京での講習会も予定されており、今後、日本のみならず世界に向けてこの治療方法を普及させていきたいと考えています。

この治療法のメリットとデメリットはどんな点ですか?

まずメリットとしてはこの治療法を採用することにより約6ヶ月程度治療期間が短縮できます。

また、従来患者さんからの協力を必要としたヘッドギアーなどの顎外固定装置といわれる装置を使う必要がなくなり、患者さんの負担が大きく軽減されます。

治療する側にとっては従来ヘッドギアー等の顎外装置の使用程度如何で治療結果が左右されていたことが解消され、確実な治療結果が得られるようになりました。

 

3つの要素が組み合わされたHOTSの概念図
3つの要素が組み合わされたHOTSの概念図

 

一方、デメリットというほどの欠点はほとんどないのですが強いて言えばMISを埋入するために多少余分な費用(1本につき15,000円)がかかることぐらいでしょう。でも、それで得られるメリットを考えれば十分納得して頂ける額ではないでしょうか?

この治療法を一言で言うとどういうことになりますか?

この治療法は

1.矯正用のマイクロインプラントスクリュー(MIS/図1)
2.Combination wire(前歯部が角形の断面で臼歯部が円形の断面を有するwire/図2)
3.MEAW(マルチループエッヂワイズアーチワイヤー/図3)

という3つの異なる背景から生み出された治療法を組み合わせて現時点でもっとも効率的で確実な矯正の治療法を確立しようという試みから生み出されました。

「Hybrid」には異種の物を組み合わせてよりよい物を作り出すという意味があります。

Micro implant Screw
図1.Micro implant Screw(マイクロインプラントスクリュー)

 

Combination wire
図2.Combination wire(コンビネーションワイヤー)

 

MEAW
図3.MEAW(マルチループワイヤー)

歯列矯正装置にはどのようなものがありますか?

歯に固定して矯正する「固定式矯正装置」や歯の裏側につける「見えない矯正装置」など様々な装置があります。

詳細については、こちらのページをご参照ください。

見えない矯正装置の気になる費用面は?

歯の表面につける装置にくらべ材料が高価であることと、1回の調節に要する時間が1.5~2倍程度かかるため、どうしても治療費は高くなります。

それに個人の歯並びの状態によっても異なりますので、詳しくは専門医にご相談されることをお勧めします。

歯の裏側に装置をつけることで何か不自由はないの?

装置を付けた最初のうちは話しにくいことがありますが、多くの方が数週間で慣れて普通の発音が出来るようになります。

見えない矯正装置ってどんなものですか?

それは舌側矯正(ぜっそくきょうせい)装置といいます。

この方法は従来のように装置を歯の表側につけるかわりに歯の裏側につける方法で、装置が人目につきませんので、矯正していることを他人に知られることがありません。

矯正治療中、 食事は普通の食事で良いのでしょうか?

はい。あまり食事に神経質になる必要はありませんが、固い食物をバリバリ噛んだり、ガムやチョコレートの様な粘着性の食べ物を食べたりすると装置が壊れたり、装置に食物がくっついたりする事がありますので、こういった食物はなるべく避けた方が賢明でしょう。

ガムやチョコレート、キャラメル等は虫歯予防の観点からも余り好ましい食べ物とは言えません。

歯列矯正治療の為、 歯を抜くことがあると聞きましたが・・・?

歯列矯正治療の目的は、自分の大切な歯を出来る限り保存して、それを少しづつ動かして正しい位置にもっていき、健康で機能的な美しい歯並びを作る事です。

しかし、中には乱杭歯やとんでもない所に飛び出した異常な歯のように、むしろ抜いてしまった方が良い場合もあります。現代人では小さくなった顎に歯が並び きれなくなったという説もあり、このような場合、余分な歯を間引きした方があらゆる点で有益な事がしばしばあります。抜いた後の隙間を利用してきれいな歯並びを実現する訳です。

もちろん、抜く事が必要でない場合もたくさんありますので、最終的には充分な検査をした上で抜歯が必要かどうかの診断を下す事にな ります。

当センターではなるべく歯を抜かない治療を前提としていますが、あらゆる可能性を検討して抜歯した方が利点が多いと考えられる場合には抜歯もやむを得ないと考えています。

1 2

 

HOTSアニメーション

 

HOTSマニュアル本

以下ページにて、HOTSのマニュアル本をご注文いただけます。

HOTSマニュアル本を注文