歯列矯正治療の目的は、自分の大切な歯を出来る限り保存して、それを少しづつ動かして正しい位置にもっていき、健康で機能的な美しい歯並びを作る事です。

しかし、中には乱杭歯やとんでもない所に飛び出した異常な歯のように、むしろ抜いてしまった方が良い場合もあります。現代人では小さくなった顎に歯が並び きれなくなったという説もあり、このような場合、余分な歯を間引きした方があらゆる点で有益な事がしばしばあります。抜いた後の隙間を利用してきれいな歯並びを実現する訳です。

もちろん、抜く事が必要でない場合もたくさんありますので、最終的には充分な検査をした上で抜歯が必要かどうかの診断を下す事にな ります。

当センターではなるべく歯を抜かない治療を前提としていますが、あらゆる可能性を検討して抜歯した方が利点が多いと考えられる場合には抜歯もやむを得ないと考えています。