それは舌側矯正(ぜっそくきょうせい)装置といいます。

この方法は従来のように装置を歯の表側につけるかわりに歯の裏側につける方法で、装置が人目につきませんので、矯正していることを他人に知られることがありません。