今回のマメ知識は、みなさんが毎日使う「歯ブラシ」についてお話します。

歯の汚れを落とす上で「磨き方」はとても大事なのですが、動かし方が上手でも、その歯ブラシ自体に問題が
あればなかなかキレイにはなりません。
今使っている歯ブラシが「良い歯ブラシ」かどうかチェックしてみてください。

①歯ブラシの毛の開き
みなさんは、歯ブラシを最後に交換されたのはいつですか?
歯ブラシの交換の目安はおおよそ1~2か月に一回とされています。
矯正装置がついていると、磨くときに引っかかったりしますので、1カ月経たなくても
毛が開いてしまうことがあります。
毛が開くと下の表のように汚れが落ちづらくなりますし、長く使うとその分細菌が増えます。
毛が開いてきたなと思ったら替えるようにしましょう。

image030

古い歯ブラシ      新しい歯ブラシ

image028

 

 

 

 

 

 

②歯ブラシの汚れ

image031

↑汚れ

そして、最近よく見かけるのが、歯ブラシの汚れです。
歯ブラシの根元をよーく見てみてください。食べ物が詰まっていませんか?
磨いた後、サ~ッと水で流すだけだと根元に汚れが詰まり、
雑菌・カビが増えます。
磨いたら、しっかり指で毛をはじくように流水下で洗い、それでも取れないときはつまようじ等で取るなどし、
毎回清潔さを保つようにしましょう。
ちなみに私は洗面台のふちに歯ブラシを叩きつけて詰まった汚れを落としています。
そしてきれいになったら水気をできるだけ取って乾燥するようにして保管します。
びっしょり濡れたままキャップをしたりポーチに入れたままだとカビが生える事もあります。
毛に詰まらないよう、磨く前にうがいをしておおまかな食べ物のカスを落とすのも効果的ですね。
新しく清潔な歯ブラシで磨くと、きっと今までよりすっきりするはずです。

キレイな歯ブラシ☆point
・磨き終えたらしっかり洗う!
・水気を取る!(お風呂場に置いたりは良くありません)
・毛が開いたりつぶれたら交換!
・見た目はきれいでも見えない細菌がつくことがあるのでこまめに交換!

 

 

治療例と参考料金
資料請求・初診相談 資料請求をする 初診相談を申し込む