矯正治療では、歯槽骨(しそうこつ)というアゴの骨の中で歯を少しずつ動かすのですが、この時歯の周りでは骨の細胞の吸収と添加という現象を繰り返しています。

この現象を人によって痛みとして感じることがあるようです。ちょうど「歯が浮いた」様な感じという人もいます。個人差はありますが、この痛みは通常数日で収まります。中には全然痛くないという方もいらっしゃいます。このように歯が痛いときの対処法のポイントをあげてみましょう。

 

セパレーションリングとセラバイト

セパレーションリング

奥歯にバンドをはめるため、硬めのゴム(セパレーションリング)を入れた時やワイヤーのサイズを上げた時に歯が締め付けられて浮いたような感じがする事が ありますが、通常2~3日でなくなります。

このようなときに柔らかいプラスチック製の「セラバイト」というウエハースのようなものをシッカリ何度も咬んで いると歯の周りの血行が良くなり痛みが軽減することがあります。

セラバイト

 

ワックス

矯正装置に慣れるまでの間装置があたっているところがすれてひりひりしやすいので、お口にあたる装置部分につけるワックスをお渡しします。これも2~3日すると装置があたっている部分の粘膜が自然に強くなって何とも なくなります。

 

矯正装置をはずす時

矯正装置をはずす時

治療の最後に歯から矯正装置(ブラケット)をはずす時。この時の痛みは装置がはずれる!という喜びのほうが大きいので耐えられるそうです!

 

矯正治療を受けている間に、眠れないとか、日常生活ができないほどずっと痛みが続くということはありませんので、ご安心くださいね!

 

治療例と参考料金
アンケート
資料請求・初診相談 資料請求をする 初診相談を申し込む