今回のマメ知識は、新しい装置の紹介です。
奥歯は噛んでいるのに、前歯の先が開いたままの方を時々見かけると思います。
「開咬(かいこう)」と言われるタイプの不正咬合(悪い咬み合わせ)です。その開咬を改善するための装置です。

                                             ↓赤いのは引っ張るゴムです。

MD

Molar Depressor(モーラーディプレッサー)

名前は「Molar Depressor(モーラーディプレッサー)」といいます。
「Molar=臼歯(奥歯)をDepress=圧下」するという意味です。
この装置は矯正用インプラントを併用して使う固定式の装置です。

開咬の方は奥歯だけが強く当たっていることがあります。
上の奥歯を歯肉の方に圧下させることで前歯の高さと近い状態に
していくのです。前歯ももちろん噛ませるようにしていきますので、
奥歯は圧下させて、前歯は少し伸び出させるようにして治していきます。

1

<開咬の患者さんの初診時の写真>

 

 

 

 

2

<装置が入っている写真>

装置の一部からインプラントに透明のゴムを引っかけて歯肉の方へ圧下(押し込むこと)させます。

裏側のバーが上顎に食い込んできているのが分かりますね。始めにバーを上顎より数ミリ浮かせた状態で作成しますので、その分装置全体が圧下したのが分かります。

3

治療が終わった状態です。キレイに噛んでいますね。

見た目は「痛そう・・・」と感じるかもしれませんが、外からはほぼ見えませんし意外とすぐ慣れるので気にならなくなります。(^u^)慣れるまでは少し喋りにくい、ということはあるみたいです。開咬でお悩みのお友達などいたら、ぜひ「こんな装置があるよ~」と紹介してあげてくださいね。

 

治療例と参考料金
資料請求・初診相談 資料請求をする 初診相談を申し込む