最近新しく治療に使用し始めたWCL(Waterhydrant Closing Loop)ワイヤーです。

ループの部分が西欧で使われている消火栓(Waterhydrant) の形に似ているところから、こう名付けられました。このループは歯と歯の間のすきまを閉じるために次のように して使われます。

WCL(Waterhydrant Closing Loop)ワイヤー

まず、歯のすき間がある部分にループが位置するようにワイヤーを曲げます。

最初(活性化前)はループ前後の2本の垂直な部分の間には少し距離があります。そのワイヤーを引っ張って2本が重なるくらいにして後ろで留めます(活性化後)。

活性化前後

このようにしてループが元の状態に戻ろうとする力を利用してすき間を閉じている のです。

歯磨きの時はこのループの下が磨きにくいので、色々な方向から歯ブラシを あててしっかり歯垢(汚れ)を落として下さい。

 

治療例と参考料金
資料請求・初診相談 資料請求をする 初診相談を申し込む