一葉の矯正日記Vol.5(矯正治療開始から1年後)

さて今回は、「矯正治療を受けて変わったこと」の巻ですが、実は私、そんじょそこらの矯正患者ではありません。

なぜなら治療を始める時に、顎の右と左の骨の長さが随分違うので手術をしないと完全に治らないと矯正の先生に言われちゃったのです。それから数週間、悩みまくった私は「手術を受ける」ことを決断 しました。

だがしかし、治療を始めて8ヶ月程が経ったある朝、鏡を覗き込んだ私は自分の顔の変化に気が付いたのです。「か…顔の歪みが…治って…る?」… そう!それはまさに矯正パワー!矯正マジック!矯正万歳!お矯正様様!という訳で完璧にシンメトリー(左右対称)を目指すなら、やっぱり手術を受けなけれ ばならないのですが、私はこれだけ治れば満足だし、正直手術は恐いし、入院も実際問題難しかったので、一度受けると決めた手術を取り止めました。

そのせいで矯正の先生には多大なる御面倒をかけてしまい、本当に申し訳ないことをしたと反省しております。だってこれまでの私のように手術を前提とした矯正治療には保険が効くのだけれども、いわゆる一般の矯正治療には保険が効かず全額自己負担になるので、それまでに受けた保険の給付を返還しなければならないのです (病院も私も)。

おかげで私は一気に貧乏女になりました。と、思いきや、そんな貧乏さん達の為にちゃ~んと分割払いなるシステムが用意されていました。これは本当に助かります。私がこうして秋服を買えるのもそのおかげ。しかしそういう面倒な手続きをさせるハメになってしまったので…スミマセンでした。

ついでに自慢ですが、最近いろんな人に「顔が痩せた」と言われます。しかし、実際には二、三キロ太りました。おそらく顔の歪みが治ったことでそう見えるのではないでしょうか。本当にこんなに美人にしてもらって、やめられない止まらないです。

それでは次回は私、個人から見た「矯正の治療内容分析書」の巻です。

一年でこんなに美人になりました

 

治療例と参考料金
アンケート
資料請求・初診相談 初診相談を申し込む