一葉の矯正日記Vol.8(矯正治療開始から2年3ヶ月経過)

矯正で虫歯知らずになりました

この10月で、装置を着けてから2年と3ケ月が過ぎました。本当なら今年の夏に装置が外れていたはずなのですが、前回説明しましたように、私が手術をしたくないとダダをこねたので、半年ほど治療期間が延びているのです。

だからこの矯正日記をしつこく書いているのですね。さて、しかしあと3ケ月あまりを残すのみとなった、私の歯の状態は至って素晴らしい出来上がりでございます。

唐突な質問をしますが、みなさん歯茎から血が出た経験はありませんか?私は出てたんですね、その昔。なぜ血が出るのか知ってますか?はい、そうですね。歯槽膿漏(しそうのうろう)なんですね、それのせいです。歯並びが悪いと歯の磨けない部分ができるので、そういうやっかいな現象も起こってしまうのです。

そしてふと気付いたのですが、ここ最近、血が出なくなったんです。さらに虫歯も出来なくなりました。 さらには、唇に八重歯がひっかからなくなりました。経験あるでしょ?八重歯とか出っ歯のみなさま、笑ったら口が閉まらなくなったこと、あるでしょ?私にはもう八重歯がありません。いちぬけです、さようなら…ふふふ。

さてさて、なんだか優越感が出てきました。このまま矯正治療をして良かったこと話大会といきたいところですが、残り少ない私の体験記、少しだけ忠告をさせてもらいます。皆様方、矯正はたまに痛い思いをするし歯磨きもちょっと面倒臭いです。毎月1回の通院も真面目に出来なくちゃ治りません。多少の努力と忍耐がいるのですね。人生甘くはありません(甘くしたい)。

さて次回は、「フィナーレ!さよなら矯正」の巻です。

 

治療例と参考料金
アンケート
資料請求・初診相談 資料請求をする 初診相談を申し込む