今回は、A・Yさん(主婦)の体験記です。快く掲載の許可を頂きました。

私が自分の歯並びを気にするようになったのは、たぶん中学2,3年生の頃からだったと思います。

当時は歯の矯正治療なんて、まだまだ一般的ではなく、周りにも誰もいませんでした。

矯正に対しては、費用が高い・何年もかかる・見た目が格好悪い・・・というイメージを持っていて、「もうしょうがない」と諦めていました。しかし、高校、大学と進むにつれ、大人になればなる程、歯並びについてのコンプレックスが大きくなっていき、きれいな歯並びの友人がとてもうらやましかったです。

矯正治療を始めたきっかけは、結婚後、虫歯の治療の為に通った歯科医院の先生に勧められたのが最初でした。思い切って決断してからも、親知らずを含め7本の歯を抜歯しなければならず、これが一番つらくて、痛くて、恐かったです。

装置を付けてからの2年間は、歯磨きに少々時間がかかり、ご飯も噛めない位痛い時もありましたが、先生から言われたことを守り、がんばりました。私の場合、途中で出産もあり不安な時もありましたが、特に問題なく過ごす事ができました。

今ではきれいに並んだ歯で、食事もおいしく食べられるし、手で口を隠さずに笑うことができるので、本当に矯正をやってよかったと思います。

歯並びが悪い事を気にしている人はたくさんいると思いますが、是非チャレンジしてほしいです。悩んでいるだけでは何も解決しませんから。

通院中は院長先生をはじめスタッフの皆様、大変御世話になり有り難うございました。これからはきれいで健康な歯を長く保てる様に、丁寧な歯磨きを心掛けて行きたいと思います。

photo161

 

治療例と参考料金
アンケート
資料請求・初診相談 資料請求をする 初診相談を申し込む