矯正治療を始めていよいよ歯の表面にずらりと装置が付く日・・・ドキドキですね。

一本一本、正確な位置に装置を接着するため、患者様はしばらくお口を開けたままになります。というのも装置接着時にだ液(つば)は大敵。

しっかり歯を乾燥した状態でないと装置がよく付きません。だ液を付けないようにお口を開けたままにするには、専用の器具を使用します。唇や頬の内側が歯に触れてだ液がつかないようにするためです。

この目的のためにこの度、当センターでは「オプトラゲート」というヨーロッパで新しく開発された器具を使用する事になりました。

これは従来の器具と比べると、軟らかい素材で出来ていて、唇を広げる能力が優れているだけでなく、唇に優しいので患者様が長時間口を開けたままでいる苦痛を和らげます。

 

オプトラゲート

個別包装されていて、一人一人使い捨てですのでコストはかかりますが、とても衛生的です。

 

オプトラゲートをセット

オプトラゲートをセットしたところ。素材が柔らかいのでよく伸縮し、奥の方までアクセスし易くなりました。

 

治療例と参考料金
アンケート
資料請求・初診相談 資料請求をする 初診相談を申し込む